格安フジカラー純正記念写真文字入れ無料■作業過程

G_imf_photoshop_02.gifアイ・フジカラーの無料文字入れ記念写真は業務用画像処理ソフトAdobe Photoshopを使用しております。お客様から送られた写真画像をFUJIFILM製高性能ミニラボ機Frontierの超高画質デジタル画像処理ソフトウェアImage Intelligenceによって適正な補正を行った後にAdobe Photoshopにおいて画像のバランスと文字の挿入を行います。画像・文字を_単位で調整を行い微妙な色調補正を行い写真文字入れを完成させています。アイ・フジカラーの無料文字入れ記念写真は国産純正フジカラープリントを使用し全て丁寧な手作業で高品質な仕上がりを心がけておりまG_imf_photoshop_03.gifす。 G_imf_photoshop_01.gif

集合写真撮影方法 格安フジカラー純正無料文字入れ 室内撮影

集合写真を失敗しない撮影方法・カメラ設定を説明しています。


@あらかじめ集合写真撮影の場所を決めておく。

・集合写真を撮影する場合、撮影には広いスペースが必要になりますので下見は必要です。
・背景の綺麗な場所、窓から逆光にならない場所、被写体前に障害物がないのを確認する。
・集合写真を想定した試し撮りをする。露出不足を考慮し被写体との距離の確認をする。

A室内の照明を出来る限り明るく設定しておく。

・ホテルなどでは意図的に照明を暗くしている場合がありますので照明を明るくしてもらう。

集合写真を失敗しない撮影方法・カメラ設定を説明しています。


B人達をコンパクトに並べ出来る限り近くで集合撮影する。

・被写体が横に広がりますとカメラとの距離が遠くなり露出不足の原因になります。
・最前列はしゃがませ、次の列はたちひざ、次は立たせて、次の列は椅子に立たせます。

C集合写真ではストロボを必ず使用する。できれば外部ストロボ使用。

・人の目では明るく感じる部屋でも写真にすると暗く写ります。必ずストロボは使用しましょう。
・一眼デジカメを使用でしたら外部ストロボを極力使用しましょう。

・適正ストロボ光の到達距離=GN(ガイドナンバー)÷F値(カメラの絞り)×√(ISO感度/100)
・GN(ガイドナンバー) ストロボのパワーを表す数値。大きいほど強力。
・内蔵ストロボ GNは9〜12程度 
・内蔵ストロボの場合は適正ストロボ光の到達距離はISO100 2〜3m
・ISO感度 ISO400はISO100の2倍の適正ストロボ光の到達距離
・外部ストロボ GNは20以上
・F値(カメラの絞り) 絞りはF5.6からF8

D撮影人数が多い場合は必ず三脚を使用し撮影をする。

・集合写真での手ブレを避けるためには三脚を必ず使用してください。
・三脚を使用しますとアングル、ピントを合わせた後に整列を整える事が出来ます。
・レリーズを使用し手ブレを防ぎましょう。
・レリーズがない場合はセルフタイマーで対応が可能です。

EISO感度は400〜800に設定する。

・これ以上のISO感度はノイズが多くなります。
・コンパクトデジカメはISO感度を設定することが必修です。

F被写体ブレを避ける為にシャッタースピード優先の設定、1/30秒で撮影する。

・人達に動かないように指示をする事でシャッタースピード1/30秒でも被写体ブレを抑えることが出来ます。


G集合写真のピントのあわせ方

・集合写真の左右のピントを均等にするには集合の列とカメラを平行にする。
・集合の列中央にピントを合わせると最前列と最後列のピントが均等になります。

G露出不足の可能性を考慮し集合写真はJPEG+RAWでの撮影をする。

・JPEGでの色調補正には限度がありますのでRAWでの撮影がよい。


H集合写真は被写体の左右に適度な余白を空けて撮影をする。

・台紙や額に入れる場合に適度な余白が必要です。 
・集合写真の傾きを修正するには余白が必要です。


I大人数では目つぶりの可能性があるので必ず2〜3枚は撮影する。

・集合写真での目つぶりはデジカメモニターでは確認しづらいので多めに撮影しましょう。
・目を閉じてもらいシャッターを押す直前に目を開けてもらう方法も有効です。

 

集合写真にはiFUJICOLORのフジカラー純正使用無料文字写真をご利用下さい。

06_P_Mark_mojipri_01.gif

無料文字入れ写真プリント フジカラー専門店iFUJICOLOR